Tags / 光香堂 実績
アガペ大鶴美術館(AOM)の外観は、アガペグループの目指す「全人的ケア」を具現化するための3本の柱である「宗教」「医療」「芸術」の象徴として描かれております。

また、甲山の自然美に囲まれた敷地内を癒しの空間として表現し、より崇高な意味を込めた「アガペの愛」をモチーフとしています。

その美しく華麗な外観をデザインプロデュースされたAOM館長の伊勢昌史氏は、美術年鑑では、画家として素晴らしい実績を収められておられます。

どうぞ、随所に秘められたAOMの魅力の数々を、じっくりと発見されて下さい。